解禁


この時期、この2文字でうずうず来る人は渓流釣り師ですね。
私もこの仕事を始める前は、ずいぶんのめりこみました。

我が東海地方は平穏なものですが、関東の渓流釣りのメッカ、群馬、栃木両県では
原発の放射能汚染が暗い影を落としているようです。
事前の調査で、4月から改訂される食品衛生法の新基準値(放射性セシウム100ベクレル/kg)
を上回るヤマメ、イワナ、ワカサギなど採取されたのですが、その対応が

栃木:解禁はちょっと延期ね。基準値下回ったら解禁するから。
群馬:釣ってもいいよ。だが魚は置いて帰れよ。

なんだそうです。
釣りと魚を食べることを一直線上に考えるのは微妙なところがあります。
遊漁に来る人によって生活したり、地域にお金がおちている部分も多くあるので
釣りくらい我慢せい、と割り切れないところが各県関係者の苦悩の種でしょう。

ちなみに魚の100ベクレル/kgは世界的に見ても超厳しい基準。
アメリカは1200ベクレル/kg、EUは500ベクレル/kg、震災前の日本が370ベクレル/kg。
新基準は正直いって過剰反応だと思いますが、基準がどうこうというより
そもそも国や自治体が発表している数字自体の不信感が拭いきれません。

それにしても一番の被害者は逃げることもできず汚染された魚ですね。
川はまだしも、流動性のない湖の魚はどうなるんでしょう。
当面人に釣られて食べられることがなくなった分、活き活きと泳ぎ回ってもらいたいものです。

どこかで釣ったイワナ

Comments are closed.