春眠

ここ数日暖かい日が続いています。
寒がりの私としては嬉しい限りですが困ったことも。
暖かくなってくると圧倒的に眠気が増してきます。
春眠暁を覚えずといいますが、起きられないだけでなくすぐに眠くなる。
最近は夕食を食べて10時くらいになるともう厳しい。
何故に春になると眠くなるのか、興味本位で調べてみました。
諸説あるようですがもっともらしい答えがひとつ。
かいつまんで言うと、暖かくなり代謝が上がる→脳の栄養となるブドウ糖がたくさん
必要になる→体が主食の白米を分解しブドウ糖を多く作ろうとする→白米の分解に
必要なビタミンB1が不足する→脳へブドウ糖が十分行き渡らなくなり眠くなる
となるそうな。
風が吹くと桶屋が儲かる的な話ですが、米好きの私は妙に納得してしまいました。
ちなみに昔の人が食べていた玄米はビタミンB1が豊富だったのでこんなことには
ならなかったそうです。

コーヒー屋なのでコーヒー飲んで覚醒すればいいじゃん、と思われそうですが
いかんせんカフェインには耐性ができてしまっているらしく全く効き目がありません。

ちなみにコーヒーは深煎りの苦くて濃厚なものより、浅煎りのさっぱりしたタイプの
方がカフェインが多く含まれています。
コーヒー飲んでもうひと頑張り、という時はさっぱり系のコーヒーをどうぞ。

Comments are closed.