とうとう...

apple
逝ってしまいましたねえ Jobs氏。

私は信者でもなんでなくWinとの両刀使いですが、愛用者としては悲しいですね。

今からふた昔近く前、会社で書類を作るのにあてがわれたのが何故かMacでした。
パソコンに不慣れなこともありましたが、すぐにフリーズしたり、爆弾マークが出たり
して作りかけの書類をだめにしてしまうこと数知れず。
当時はなんてオンボロなパソコンだと思ってました。

それを思うと今の状況は隔世の感がありますね。
iMacから始まる、今のAppleの隆盛は彼の手腕によるところがかなり大きいと
思います。ストーンズのShe’s A Rainbowを流したCMも当時すごく印象的でした。
性能的には他社のものと大差ないのでしょうが、見た目の良さはもとより
感覚的に使えるというか、使っていて心地よいというか、次もApple製品を買おう
という気にさせるところがあります。
数あるスマートフォンの中でもiPhoneが売れているのはそういったところもあるん
じゃないでしょうか。
目に見えないパソコン内部の配線にまで美しさを要求したというパラノイアっぽい
ところもありますが、彼ほどのカリスマ性を持った人が今後出てくるか。
Appleには今後もいい意味で期待を裏切ってほしいです。

ちなみに私がMac1本にできない理由は、Macで使えるまともな会計ソフトが
ないから。ほんとに、どっかの会社から出してもらえんものでしょうか。
切に願います。

Comments are closed.