かさかさ

冬の必需品
この時期の必需品。
ハンドクリームです。
なんか女の子のようですが仕方ないのです。
喫茶の洗い物が多いと、もう手はかさかさです。
いろんなものを落とします。
落としたものを拾おうとしてまた落とします。
お釣りのお札が数えられません。
元来乾燥肌ということもありますが、年のせいもあるかもしれませんね。
残念ながら、指先に限らず瑞々しさは失われつつあります。
昔、プリントを配るのに必ず指をペロって舐める先生がいて
ふやけたプリントの隅っこを見るにつけ気持ち悪いなあ、と思ったものですが
今はちょっとだけ先生の気持ちが分かる気がします。
まあ、そんなカッコ悪い人にならないための必需品なのです。

Comments are closed.