道具その2 グラインダー

グラインダーというと何のことやらと思われるでしょうがコーヒー豆を粉に挽くあれです。

Simgp2411

お持ちの方も多いでしょうが、これは業務用なのでかなりごっついです。

家庭用との一番の違いは粉砕能力。

1分間に400グラム以上粉に挽くことができます。

家庭用のものですと、だいたい1分間に50グラム~100グラムといったところで

しょうか。一度に数百グラムを粉に挽かなければならないので、やはりこれくらい

のクラスのものが必要になります。これが壊れてしまうとまったく仕事になりません。

正確に統計をとったわけではないですが、粉で買うお客さまが約7割、3割くらいの

方は豆のままで買われていきます。豆のままの方が保存もききますし、飲む直前に

挽いたほうが香りもグンといいためコーヒー屋としてはオススメなのですが、コーヒー

を粉にするだけの機械に数千円~2、3万円の価値を見出すかどうかというところは

判断が分かれるところだと思います。

粉で買う場合は少量ずつこまめに買うのが一番です。

当店では焙煎して時間がたっていない豆を販売していますので

スーパーで売っているコーヒーよりはるかにいい香りがしますよ。

ちなみにこのグラインダーは、そこそこの海外旅行ツアーに行けるくらいの

お値段です。なんだかコーヒー屋の機械は、構造が簡単な割りにはちょっと

お高い気がします。

Comments are closed.