道具その1 焙煎機

うちの店内で使っている道具達を少しずつ紹介していきます。

いずれも美味しいコーヒーを淹れるのに欠かせないものばかりです。

第1回目は自家焙煎コーヒー店の命、「焙煎機」です。

Sroaster

入り口においてありますので非常に目立

ます。というか少し邪魔です。

意外にこの機械でコーヒーの焙煎をして

ることをご存知ない方も多いようで、「これ何」

と聞かれることも少なくありません。

また営業時間中動かすことがないので、「これディスプレイ?」なんて言われたことも

ありますが毎晩営業後に焙煎してます。飾りではないので念のため。

お子さんが興味津々で触ろうとするのを、よくお母さんに怒られたりしていますが

営業中は電気もガスも切ってありますので遠慮なく触ってください。

焙煎機には直火式、半熱風式、熱風式などの種類がありますが、当店の焙煎機は

「直火式」。ガスの炎が直接コーヒー豆にあたる構造のためこのように呼ばれます。

コーヒーの個性を引き出しやすい反面、煎りムラがでたり焦げやすかったりと焙煎が

ちょっと難しくなります。

焙煎機自体の操作は、ドラムに入ったコーヒー豆をガスで炙り、煙突から煙を逃がし

(排気し)ながら煎り上がりを見極めて外に出す、と至って単純なもの。

しかし言うは易しというやつで豆の量、火力、排気のの調整、焙煎時間、豆を出す

タイミング、素材そのものの性質や焙煎機の設置条件などにより出来上がる味は

変わってきます。

豆ごとに一番美味しいポイントを追求しながら毎日焙煎しています。

ちなみにこれ、そこそこな国産車が1台買えるようなお値段です。

なんか割に合わないと思うのは私だけでしょうか。

Comments are closed.