コーヒーのロースト


店にはいろいろなコーヒーが並んでいて、どれをを選べばいいか迷ってしまうことも多いかと思います。
コーヒーの味わいは産地によっても変わりますが一番味わいに影響を与えるのはロースト(焙煎度合)です。
苦み、酸味、あっさりめ、濃いめなどお目あての味わいが決まっていればまずそれに見合ったローストを選ぶのが
お好みにあったコーヒーを手に入れる近道です。

焙煎度合い 味わい 当店での表記
ミディアム 苦みは少なくさっぱりとした酸味のある味わい。
アメリカンコーヒーなどに。
中煎り
ハ イ 酸味が薄らいできて、軽いコクが出てくる。
日本ではポピュラーなロースト。
シティ 酸味から苦みの領域に入る。コクが増してくる。
ハイローストとともに日本で好まれるロースト。
中深煎り
フルシティ 苦みとコクが増し、酸味はあまり感じられなくなる。
フレンチ しっかりとしたコクと苦みのある味わい。
カフェ オレやアイスコーヒーなどにも。
深煎り
イタリアン 最も苦みのあるロースト。
ローストによる香りが 残る。

基本的にコーヒーは深く煎るほど、酸味が減少しコクと苦みが増していきます。
逆に焙煎が浅いほど、コクや苦みは少なく、さっぱりとした酸味の効いた味わいになります。
いろいろな産地・銘柄の違いよりも、実際はこの焙煎度合いによる味の変化の方が大きく感じられます。
同じ豆でも、中煎りのものと深煎りのものとではどなたが飲んでも分かる程、全く異なった味わいとなります。
技術的にはどの豆でも中煎り〜深煎りにできますが、最終的にどのローストにするかはコーヒー豆の持つ個性によって決めています。
浅めに煎って美味しい豆、深く煎って美味しい豆、幅広い焙煎に対応できる豆、様々ですが、深煎りに耐えられる豆は数多くありません。
ボディの弱い豆をむりやり深煎りにしても、焦げ臭くて苦いだけのコーヒーとなってしまいます。
一般的には高地産の実の締まった、優れた酸のあるコーヒーを深く煎ることで、豊なコクと甘みのあるコーヒーが生まれます。
コーヒー豆の色は、焙煎が進む(深煎りに近づく)につれ、だんだんと濃い色に変化していきます。
深煎りのコーヒーは、時間の経過とともに豆の表面にオイルが浮くこともあります。

焙煎の深さ 浅い← →深い
ロースト 中煎り
ミディアム/ハイ
中深煎り
シティ/フルシティ
深煎り
フレンチ/イタリアン
豆の色 栗色 チョコレート色 濃い茶色
コク 小← 中間 →大
苦み 少← 中間 →多
酸味 多← 中間 →少

ミディアムローストより浅いライトロースト、シナモンローストというものもありますが
酸味が強く、青臭さも残っておりあまり飲用には適さないので当店では焙煎していません。
また英語表記のロースト名はなかなかなじみにくいと思いますので、当店では
「中煎り」「中深煎り」「深煎り」の3段階に分けて表記しています。
Tao Coffee
468-0062
愛知県名古屋市天白区弥生が岡209【map】
052-832-2027
info@tao-coffee.jp
10:00-19:00 月曜定休