コーヒーの挽き方


コーヒー豆の挽き方には粒の大きさによって「粗挽き」「中挽き」「細挽き」「極細挽き」 があります。
抽出方法によって適切な挽き方がありますので、お使いの器具にあわせて 挽き方を調整してください。
以下は抽出方法と挽き方の目安です。

挽き方 大きさ 抽出方法
極細挽き パウダー状 エスプレッソ
細挽き グラニュー糖よりやや小さめ サイフォン・水出しコーヒー
中挽き グラニュー糖とザラメ糖の中間程度 ペーパーフィルター・コーヒーメーカー・ネルドリップ
粗挽き ザラメ糖の程度 カフェプレス

細かいほど抽出時間は長く濃厚な味に、粗いほど抽出時間は短くすっきりした味になります。
上記を基準に、お好みの味にあった挽き方を見つけてください。

ミルの種類

コーヒー豆の挽くには「ミル」を使います。
お店で粉に挽いてもらうこともできますが、コーヒーは飲む直前に挽いた方が香りも断然良いですし
コーヒー豆の保存も、豆のままで買った方が風味が長持ちします。
ミルには大きく分けて手動式のものと電動式のものがあります。
また電動式はプロペラ刃式と据え置き式のものに分かれます。
手動式ミル
<手動式ミル>
豆を入れてハンドルを回す事で粉にします。
見た目のクラシカルな雰囲気と粉に挽く時に
伝わるゴリゴリとした感触が魅力です。
ただ一度に沢山の粉を挽く時は若干時間が
かかります。
プロペラ式ミル
<プロペラ刃式>
プロペラ式の刃を回転させることでコーヒー
豆を粉に粉砕します。

コンパクトで安価なのが魅力です。
ボタンを押している間だけプロペラが回り
この時間の長短で粒の大きさが決まります。

馴れない粒の大きさが不均一になりやすい
という短所もあります。
電動式ミル
<据え置き式>
2枚の刃の間をコーヒー豆が通過することで粉に粉砕します。
ダイヤル等で刃の間隔を変化させることで粒の大きさを調整します。
プロペラ式に比べ場所をとるのと、価格が高くなるという欠点はありますが、粉に挽くスピードや、粒の大きさの調整、挽いた後の
粉の大きさの均一性に勝ります。
Tao Coffee
468-0062
愛知県名古屋市天白区弥生が岡209【map】
052-832-2027
info@tao-coffee.jp
10:00-19:00 月曜定休