緊張のアイスティー


先回はアイスコーヒーの話でしたが、今回はアイスティーの話です。
やはり暑くなるにつれオーダーも増えてきます。
都度ちびちびドリップするコーヒーに比べて簡単なように見えますが、これがなかなかのクセモノ。
アイスティーは淹れ方がまずいとクリームダウンといって白く濁ってしまいます。
これは紅茶が冷やされる過程で、中に含まれるタンニンとカフェインが結合することによって
起こります。
味には影響しませんが、やっぱりアイスティーは明るく澄んだ液体の清涼感も楽しみのひとつ。
喉が渇いて注文したアイスティーが白く濁って出て来たらかなり興醒めです。
茶葉の選び方や手順など、基本的なポイントをおさえれば失敗はないのですが
慣れない頃は白く濁ってしまって作り直したことも数回。
今でもオーダーが入ると、そのことがトラウマのように頭をかすめます。
失敗が見た目で分かってしまうので、実は一番緊張するオーダーかもしれません。

アイスティー

Comments are closed.