Category Archives: コーヒー

コーヒー

2016新豆情報 ブラジル ダテーラ農園


近所のスーパーではハロウィンが終わった瞬間に、クリスマスモードに
突入していました。
毎年思うことですが、この時期から年末にかけてのスピード感というのに
ついていけなくなりつつあります。
世間の流れとは無縁ののんびりモードの当店ですが、新しい豆がどんどん
入荷してきています。

今回ご紹介するのはブラジルのダテーラ農園。
数年前まで何度か使用したことがありますが、久々の登場です。
当農園は先進的な技術を使って、高度な品質管理を行うことで
定評があります。
今となってはごく普通に見かける生豆のバキュームパックも
初めて扱ったのがこの農園だったと記憶しています。

今回はブルボン種のみを選別したスペシャルロットを仕立てても
らっています。
ブラジルらしい心地よいほろ苦さ、そしてブラジルらしからぬ
非常にクリーンなカップ、素材、精製、選別のよさを感じさせます。
重くなりすぎず、すいすい気持ちよくお飲み頂けます。

Online Shopping→
 ブラジル「ダテーラ農園」1,404円/200g<税込>

コーヒー

2016新豆情報 コスタリカ ラ・ピラ農園


新しくコスタリカのラ・ピラ農園を販売しています。
当農園は昼夜の寒暖差の大きな地域にあり、そのような環境のもとで
実はじっくりと時間をかけて完熟し、内部に糖分が蓄積されることで
甘味のあるコーヒーに仕上がります。
また今回の豆は、カツアイ、カツーラ、ティピカ、ゲイシャと複数の品種が
ミックスされており、より複雑で重層的な味わいが感じられます。
口当たりは非常に滑らか、やや粘性のある舌にからむようなコクと
華のある酸が良いバランスでまとまっています。

また自然に恵まれたコスタリカは環境立国としても有名です。
コーヒーにおいても使用する水の制限や、コーヒー精製時に発生する
使用済水の浄化など、環境へ配慮した栽培を行っています。
こういった面からも応援したい産地ですね。

Online Shopping→
 コスタリカ「ラ・ピラ農園」1,404円/200g<税込>

コーヒー

2016新豆情報 コロンビア ナリーニョ エル・ペニョール


すっかり更新をさぼっていましたが、その間にも新しい
豆をリリースしております。
今回ご紹介するのはコロンビア。
南部ナリーニョエリアのコーヒーです。
このあたりは大きな農園は少なく、大部分が1ha未満の小規模な
農家が栽培しています。
この豆もエル・ペニョール周辺の農家の栽培した豆を収集・選別したものです。

明るい柑橘系の酸と、なめらかな口当たり。
舌にからむようなやや粘性のあるコク。
クリーンかつマイルドな味わいで、酸、コクのバランスが
非常によくまとまっている印象です。
強烈な個性はありませんが、どなたにもお勧めしやすいコーヒーです。

Online Shopping→
 コロンビア「ナリーニョ エル・ペニョール」1,404円/200g<税込>

コーヒー

2016新豆情報 ブラジル マカウバ・デ・シーマ農園 など


長らく欠品していましたブラジルのニュークロップがようやく入荷しました。
パートナー農園であるマカウバ・デ・シーマ農園のご紹介です。
ナチュラルとウォッシュトがありましたが、店主の独断の好みでナチュラル
の方を仕入れました。昨シーズンに引き続き、樹上で実が干しぶどうの
ようになるまで完熟・乾燥したものを収穫した”ボイア”と呼ばれるものです。
ナッツのようなほのかな香ばしさと、ナチュラル特有のかすかに洋酒を思わせる
複雑で甘みのある後味。酸味は少なめでソフトな味わいのコーヒーです。

また更新が滞っていましたが、コスタリカ、ニカラグアの新しい豆の入荷しています。

「コスタリカ ラスカメリアス」
クレストネスと呼ばれるマイクロミルに所属する農園です。量より質で勝負する
コスタリカらしい生産者です。りんごのようなすっきりとした酸とクリーンな飲み心地が
印象的なコーヒーです。

「ニカラグア ファティマ農園」
“ジャバニカ”とよばれる、他所ではちょっとお目にかかれない珍しい品種です。
柔らかい口当たりにほんのりハーブを思わせる香り、軽めの酸。
ちょっと面白い味わいです。

Online Shopping→
 ブラジル「マカウバ・デ・シーマ農園 ナチュラル」1,296円/200g<税込>

 コスタリカ「ラスカメリアス」1,404円/200g<税込>

 ニカラグア「ファティマ農園」1,404円/200g<税込>

コーヒー

2016新豆情報 東ティモール&ガテマラ


早いもので年があけてあっという間にもうひと月。
ドタバタしつつも2つ新しい豆を販売しております。

ひとつは定番、ガテマラ「サンタ・カタリーナ農園」。
毎年高品質な豆を供給してくれる頼れるパートナー農園です。
華やかな酸とコクのバランスが素晴らしい
ストレートに、ブレンドに大活躍のコーヒーです。
まさにローテーションの柱といってもいいでしょう。

もうひとつはフェアトレード&オーガニックの東ティモール「キリレロ」。
先シーズンは入荷が少なくあっという間に売り切れてしまいました。
長らく欠品していましたが、ようやくの入荷です。
クリアな酸と蜜のような甘い後味、繊細で上品な味わいです。
店頭でも固定ファンの多い豆です。
今年も素晴らしい出来なのでぜひお試し下さい。

Online Shopping→
 ガテマラ「サンタ・カタリーナ農園」1404円/200g<税込>

 東ティモール「カフェタタマイラウ・キリレロ」1296円/200g<税込>

コーヒー

2015新豆 ケニア カイナムイ・ファクトリー


帰りがけにお客さんから「良いお年を」と声を
かけられる事が多くなってきました。
暖かくて全く年の瀬という感じが無いですが。
新しい豆の紹介も今年最後になります。

ケニアの第2弾、カイナムイ・ファクトリーの販売を開始しました。
濃厚なコク、カシスのような熟した果実感と甘み
冷めても重くならず、ジューシーな味わいに変化します。
良質なケニアの王道の味わいです。
ケニアはちょっと高いけどどんな味?と思われる方には
入門編としてこのカイナムイはオススメです。
また焙煎直後より、ある程度日数をおくとググッと香りが乗ってきます。
豆の状態で買われた方は時間による味わいの変化を楽しんでみて下さい。

Online Shopping→ケニア「カイナムイ・ファクトリー」1,512円/200g<税込>

コーヒー

2015 冬のブレンド


早いもので今年もあと20日余りですね。
このところの暖かさで全く気分が出ませんが
お店の仕事はそろそろ年末モードに差し掛かっています。
今年の秋冬は出来の良いコスタリカが揃ったので
それを使った期間限定の冬ブレンドを発売します。
甘みのあるコクと、心地良いほろ苦さが良い感じにマッチしています。
口当たりは滑らかでクリーンな味わい。
ちょっと濃いめの中深煎りでケーキにもよく合います。
今月いっぱいの販売です。

Online Shopping→2015 冬のブレンド 1,404円/200g<税込>

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コーヒー

2015新豆 コスタリカ サンタテレサ2000


コスタリカのニュークロップ「サンタテレサ2000」のご紹介です。
一昔前の車みたいな名前ですがコーヒー農園の名前です。
ちなみに2000というのは農園の標高を表しているそうです。
コーヒー農園としてはかなりの高地です。

近年コスタリカでは、以前は大きな農協に収穫した実を売っていた
小さい農家が自分の所で精製を始めるようになったり
若い世代が新たに農園を開き、より品質の高いコーヒーを生産するという
ムーブメントが起きています。
量を求めず、小規模ながら各自こだわりを持って
質の高いコーヒーを栽培するスタイルです。
今回販売するサンタテレサもそのような農園のひとつ。
ぱっと明るく華やかな酸に凝縮されたコク、チョコレートのような甘い後味。
冷めるにしたがって滑らかさが増し、複雑でジューシーな
味わいへと変化していきます。

Online Shopping→コスタリカ「サンタテレサ2000」1,404円/200g<税込>

タイムリーにも先日、東京にて農園オーナーの
ロヘル・ウレーニャ氏のお話を伺う機会がありました。
他にもコスタリカの他農園の方も数名来日していましたが
皆さん、真摯においしいコーヒーを作ろうとする姿勢が
ひしひしと伝わってきました。
コスタリカは面積は日本の1/7程度の小国ながら
全世界の動植物の5%が生息するという自然大国。
当日の会場は新宿だったのですが
そんな自然の楽園から来た人が、新宿の雑踏をどう見えたのでしょう。
ちなみに私は人の多さに酔いました。