コーヒーの焙煎(ロースト)について


料理に例えれば焙煎は調理にあたります。産地の方々が丹精こめて栽培・精製したコーヒーの最後の仕上げとして
コーヒー豆という製品にする工程です。
焙煎という言葉のとおり、作業としては火を使って煎るという単純なものですが火力、排気、焙煎時間の組み合わせにより
同じ豆を使っても様々な味が生まれ、これが各焙煎人の個性につながります。
コーヒー豆には深煎りで本領発揮するもの、浅めに煎っておいしいもの
浅く煎っても深く煎っても違った表情をみせるものと様々です。
それら豆の個性を見極めて、最適なポイントで煎り上げることが焙煎する上で最も難しくまた楽しい瞬間です。
当店のコーヒー焙煎機
当店の焙煎機
富士ローヤル製 直火式5キロ釜


当店のような個人経営のお店では一般的なサイズの 焙煎機です。5kgというのは1回に焙煎できる最大量。 実用範囲は1kg〜3.5kgくらいです。 直火式というのは豆に対する炎の当て方のことを指します。 直火式はコーヒー豆に直接火のあたる構造で、焦げやすいとか、煎りムラが出やすいという欠点がありますが、うまく煎れば個性が引き出された味わい深いコーヒーを作ることができます。 火力、排気(煙が抜けすぎても、こもりすぎてもおいしいコーヒーにはなりません)を、焙煎するコーヒーにあわせて調整し、ベストのポイントで煎りあげます。
Tao Coffee
468-0062
愛知県名古屋市天白区弥生が岡209【map】
052-832-2027
info@tao-coffee.jp
10:00-19:00 月曜定休