コーヒー豆の品質について


お湯から作る極めてシンプルな飲み物。それ故に素材となるコーヒー豆の品質が味わいに大きな影響を与えます。
当店の素材選びの基準をご紹介します。
コーヒーの品種
1.品種が特定できること
コーヒーには様々な品種があります。 しかし病気に強いとか、収穫量が多いといった人間の都合で交配された品種はコーヒー本来の味わいを犠牲にしているものが多くあります。 当店では原種(ティピカ種・ブルボン種など)、またはそれに近いコーヒー本来の味わいを持った品種を選んで使用しています。
コーヒーの生産者
2.産地・生産者が特定できること
従来のコーヒーは「ブラジル」といった国名表示で販売されることがほとんどでした。 これは「ブラジル」の「どこか」で穫れたコーヒーということを意味します。国内のいろいろな産地で収穫されたコーヒーをいわばブレンドした状態で流通させていることになります。 これではその中に優れたコーヒーがあったとしても、味わいが平均化してしまい個性あふれる味わいは生まれません。当店では産地(農園・地域)や生産者、収穫年度まで特定できるコーヒーを使用しています。 おのずとトレーサビリティの明確な商品ということになります。
コーヒーの精製
3.適切に精製されていること
コーヒーは収穫された後、いくつかの精製過程を経て「生豆」と呼ばれる私たち焙煎業者が仕入れる素材の形となります。この精製の方式は何種類もあり、それぞれ味わいの個性も変わってきます。また精製過程に不備があると、いくら丹精込めて栽培した良いコーヒーでも美味しくないコーヒーとなってしまいます。 当店では精製方法が明確なもの、そして適切に精製されたコーヒーを使用しています。
これらの条件を満たしたコーヒーは、味わいにおいても高いレベルにある可能性が高まります。
最終的にはカッピングを行い、産地の個性が明確で優れた香味のコーヒーを選択することとなります。
スペシャルティコーヒーの中でも、トップクオリティのグレードの豆を取り揃えております。
Tao Coffee
468-0062
愛知県名古屋市天白区弥生が岡209【map】
052-832-2027
info@tao-coffee.jp
10:00-19:00 月曜定休